ランチ&カフェ「風と手と土」

2005-11-22

薪棚の屋根

Filed under: 薪ストーブ — 風手土 @ 13:31

519f4ea5.jpg薪を割り初めて3年、うちの薪棚にもやっと屋根が架かろうとしています。

裏磐梯の厳しい自然にどれだけ耐えられるか分かりませんが、今年ダメだったら改良すればいいことだしね。これでキレイな薪のまま乾燥させれるはず。
小雪の降る中でのこういう作業は山暮らしを実感します。
黒板五郎さんみたいな。

いや~、しかし、単管パイプって使えますね~。

4 Comments

  1. こんにちわ
    雄平@実りのときブログ
    です。ブログ村村民です。
    私は夏に弱いので、このような自然を見ると、おもわずいってみたくなります。私がときどき行く草津と似ていますね。

    でも、やはり、冬は厳しいのでしょうね。
    東京の冬はとてもあったかです。やはり、現実としては冬は東京にいて、夏はどこかに避暑に行くというのがいいのかなと思います。
    毎年、夏にどこかに行って、その記事をウェブに掲載しています。お時間があったらご覧ください。
    http://www.01.246.ne.jp/~yo-fuse/  実りのとき

    では、また。

    コメント by 雄平 — 2005-11-22 @ 16:06

  2. 雄平さん、書き込みありがとうございます。
    私もフィレンツェのフラ・アンジェリコ見に行きました!シエナの安宿に1ヶ月居たりもしましたよ。いや~、楽しい御話ができそうですね。是非遊びにいらしてください。お待ちしています!!

    コメント by ヒロ — 2005-11-22 @ 23:07

  3. この薪小屋は感心しました。単管の本数が少なくて済みますよね。
    どのように作られたのでしょうか?
    図面などありましたら、ご紹介下さいませ。

    コメント by Kato — 2006-11-07 @ 01:45

  4. たいしたモノではないですが、雨風には耐えられます。
    http://www.haruca.net/makimaki/image/zumen.gif
    この上に根太っていうのかな、木を4本横に渡して、そこに波板を打ち付けています。
    上に重い雪が積もると屋根部分が傾きます。

    コメント by ヒロ — 2006-11-07 @ 06:28

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

Powered by WordPress