Archive for 6月, 2005

さよなら76ちゃん

水曜日, 6月 29th, 2005

ed30dd0b.jpgケーキ配達用の軽1BOX、車屋さんと話を進めています。
このトヨタのタウンエース、でっかい(76)のステッカー貼って何年乗ったのかな?今回廃車が決まりました。軽い気持ちで子供たちに「もうお別れだからドライブしよう!」とレイクウッド内だけ走って家に戻ったら、ゆいがしくしく泣いています。
聞くと「76ちゃん、かわいそう・・・」ありゃりゃ、私たちには思い入れ無かった車も、ゆいには違ったみたいです・・・。全然泣き止まないので「お別れに写真撮ってくる?」と撮ったのがこの写真です。
ゆいの歴史の中で、この車での思い出はかなりを占めますからね~。

それが!
数日後に「今度のはこれだからね」とバモス現物を見せた後のゆいは、「76ちゃん」と呼んでいたタウンエースを「灰色の車」と呼ぶようになりました。まぁね、新しいのを気に入ってくれたということで、よしとしましょう。
でも、なんかちょっと複雑・・・。

宿屋冥利につきます

火曜日, 6月 28th, 2005

6ce45205.jpg玄関前で撮った写真、熱いメールと一緒にいただきました。
ありがとうございます。
遠距離の彼女を送りに、裏磐梯から東京経由で山梨まで走ったそうです。いいッスね~。青春ドラマみたいだ。あんな可愛い彼女なら何処まででも走れますね。
そんなドラマのお手伝いが出来て、私たちも嬉しいです。
役得ってやつだな・・・。
ちょっと遠いですが、エネルギー充填できたらまたお越し下さい。お待ちしています!!

それにしても真ん中にやたらデカイ女性がいますが、誰でしょうね?

クラシックギターコンサート開催決定!

月曜日, 6月 27th, 2005

aec3f85e.jpg毎年大好評のクラシックギターコンサート。
今年も開催が決定しました。

8月6日土曜日
ギターの腕前もトークも冴える3人組に乞うご期待!
詳しくは最新情報をどうぞ。

夕食後のリラックスした雰囲気の中、つま弾かれる美しい音色は忘れられないものになります。保証します。

ありがとうございましたー!!!

月曜日, 6月 27th, 2005

27ea2b05.jpg今年の開業記念イベントも大成功に終わることができました。
これもご参加いただいた皆さんのおかげです。ありがとうございました。初心に戻ってみることは大切ですね。私たちも頑張りますので、これからも末永く見守っていてください。

割っていただいた皆さんの専用薪、しっかり保管する状態にしときました。
保管といっても玄関にですが。
暖房、焚き火、BBQにお使い下さい。BBQは無いか・・・。

キスゲ

月曜日, 6月 27th, 2005

c5f832c7.jpg雄国沼のニッコウキスゲが見ごろを迎えている、みたいです
うちの庭のキスゲが日曜に咲き始めました。例年だったらこの一週間後に雄国沼で咲き出すのですが、今年は雪の関係で何でもめちゃくちゃ。やっぱり予想はできない状態ですね。
先日の土曜日25日から来月7月18日まで一般車両は入れなくなります。遊歩道入り口に駐車して歩いて行くか、喜多方の山麓からバスで、になります。
今の雄国沼は、それだけの価値はありますよ。

喜多方の珈琲店

金曜日, 6月 24th, 2005

大塩温泉「米澤屋」さんの紹介で喜多方の小さな珈琲店に行ってきました。
仕事絡みで行ったので、ペンションともさん、ハイジさんと一緒で、おじさん3人で何を注文したかというと、パフェ3個・・・。
注文後に焙煎してくれる超こだわりの珈琲屋に行って「パフェ下さい」は無いですよね!小さいテーブル3人で囲んで、ばか話して。
そんなお茶目なおじさん方が好き。

と、そんな話は置いといて、その珈琲店、喜多方らしく座敷でコーヒーが飲めます。その名も「座敷珈笛 一休」若いオーナーらしき方が、こだわり持ってやってる姿は応援したくなります。
だったらパフェ食うなっつうの・・・。

火曜定休、旧121号沿い、馬車の駅の向かいになります。

恐怖!爪怪人

月曜日, 6月 20th, 2005

5ced029c.jpg雨上がりの夕方、気持ちよかったので子供たちとお散歩に出ました。ついでに今夜のおかずにタケノコを5本程採ってきて、庭先で皮をむきます。
なにしろ子供たちは遊ぶのが上手で、すぐにこんな状態。
指にはめてるのは、タケノコの皮です。
こんな環境で暮らせること自体に感謝しないといけませんね。

ハルカなんてすっかり気に入っちゃって、晩ごはん後もしば~らくやってましたよ。

ついつい・・・

日曜日, 6月 19th, 2005

20389903.jpg子供たち二人が幼稚園に行くようになると、日中大人の時間ができます。先日は夫婦二人で喜多方に行って、久々に本屋でゆっくり本を眺めることが出来ました。
大抵探し物は料理かパソコンか自転車ものの本で、今回気になる分厚い一冊を見つけてしまいました。ひっくり返して値段を見ると4,800円、同じ値段の服は買わないけど、料理本は別。
買っちゃいました。

と、こんな調子で料理本は増えていきます。
自慢できるかどうかは別として、イタリア料理関係の本なら、かな~りありますよ。柴田書店には随分つぎ込んでるよなぁ。