Archive for 5月, 2004

ある日のメニュー

月曜日, 5月 31st, 2004

f953afd8.jpgタイトルは「山の恵みのイタリアン」

《前菜》
カツオのたたき風カルパッチョ、ミズのにんにくオイル
山盛りワラビのピッツァ
《パスタ》
根曲がり竹とイカのペペロンチーノ
《カルネ》
仔羊のバルサミコソース、モミジガサの香り

私的には大満足の出来で、料理している側も「自然の恵み、ありがとう」という気持ちでいっぱいでした。
目指すは「季節と土地を感じるイタリアン」です。一歩前進できた気がします。

サーイクリング ヤッホー!

日曜日, 5月 30th, 2004

9c78e813.jpg年に一度の大イベント、「桧原湖一周ファミリーサイクリング」無事終了しました。
昨年に引き続きヒロも参加しました。2年目にもなるとペース配分なんかも出来るようになって、余裕の完走です。
天気予報ではイマイチでしたが、当日の今日は快晴の一日で、日焼けした肌も心地良い、身も心もスカッとした夜を過ごしています。
あー、ビールが美味い・・・。
途中、持って行ったコーヒーセットでお湯を沸かし、路上ティータイムしてたら一番ビリッケツ。後半まくって参加人数1000人中950位くらいでゴールできたかな?
もう、ね、満喫・・・。
え?自転車?ごめんなさい、フツーのマウンテンバイクで参加しちゃいました。

ぢだけ

土曜日, 5月 29th, 2004

9d3ef19a.jpg根曲がり竹のタケノコが出てきています。
裏磐梯では「地竹」と呼びます。
今回初めて「タケノコを採るぞ!」と、その他山菜ではなく、タケノコオンリーで山に入りました。3人で行ったのですが、もう皆夢中で藪の中を進みます。持ってきた袋もいっぱいになって、気付くとあとのふたりの気配がしません。視線を高くして見回すと何処を通って来たかさっぱり分かりません。「あ、やばい・・・」検討つけて戻ると道路の電線が見え、あっさり戻れたのですがタケノコ採り、話には聞いてましたがなめちゃあいけませんね。胸までの高さの笹林を、ほとんど四つんばいのまま採りながら進みます。行く先々でタケノコは出てるので竹の根元だけを見ながら結構進んでしまいます。で、気付くと「ここはどこ?」になる訳です。
ま、磁石なり道具があれば問題ないですが。
帰って炭を熾し皮のまま炙ります。半透明に焼きあがったタケノコを醤油をつけてパクッ!「うめー!」喜びの声がレイクウッドに響きます。

見ごろな目安

金曜日, 5月 28th, 2004

6fa0d7fc.jpgレイクウッド通りを飾るレンゲツツジが今満開です。
ということは雄国沼の見ごろは1週間後の6月6日頃かな?
うちの庭のキスゲも15cmほど伸びました。
ということは雄国沼のニッコウキスゲはまだまだですね。湿原一面に咲く時期はもう裏磐梯一の風景ですからね、まだ見ていないというお客さんは是非、ぜひ、ゼーヒ見てください。見ごろはそうだな、6月20日頃です!
さくらんぼも美味しい時期だしね、キレイで美味しい裏磐梯はもうすぐです。

山菜三昧

木曜日, 5月 27th, 2004

23d4630d.jpg仙台のお父さん御一行様が火曜日から来ています。
滞在中はずっと山菜採り・・・。
その方面うといヒロも今回は覚えましたね!昨夜の食卓は見事な山菜料理フルコースでした。作ったのは私ではありませんが。
覚えてるだけ書き綴りますね。わらび、ふき、根曲がり竹の子、しどけ、みず、たらの芽、よもぎ、うど、山ぶどう新芽、あけび新芽。
それぞれおひたし、天ぷら、酢味噌和え、炒め物etc、その辺の温泉旅館で食べたらウン万円コースでしょうね。
お父さんとふたりでへべれけになったのは、言うまでもありません。
スタイルを見ていただければ分かるように、このお父さん、山に関してはかなりのエキスパートで、とりあえず「ペンションヒロにおける山菜とキノコのトータルアドバイザー」になってもらいました。
あとはいかにイタリアンに変身させるか、私の腕にかかってる訳で。

きつつきの巣

水曜日, 5月 26th, 2004

47d297c8.jpg昨年、薪を集めてた時、こんなヤナギの木が混じっていました。
これは珍しい!ということで、大きさと切り口を整え、オブジェにしたものです。ついでにチェンソーでちょっと窪みをつけて土を入れ、ダメモトで芝桜を植えてみました。
それが元気に育っているじゃありませんか!
芝桜って、過保護にするとダメみたいですよね。石垣の隙間とか植物としては悪条件な場所ほど元気な姿を見ます。
うちのこの「きつつきの巣オブジェ」も悪条件さでは負けないでしょう!これからどう変化するか楽しみです。
ここなら野ネズミにも食べられないでしょうしね!

たんぽぽいっぱい

火曜日, 5月 25th, 2004

4b7d2517.jpg最近うちの子供たちふたり、バイクで走るのがお気に入りで、ハンドルを持つ手で抱える様にヒロの前にふたり乗せてゆーっくり曲沢沼まで行きます。
レイクウッドならではでしょ?
曲沢の手前に小さな池があって、周囲も整備され、ベンチなんかも置いてあります。7月にはホタルもいっぱい見れる場所なんですが、ここが子供たちのお気に入りで、しばらく遊んでいました。
その道路挟んで向かい、小高い丘の向こう側にこんな風景を発見!ユイは「うわー!」と走って行きますが、ハルカは見向きもしませんでした。ガクッ・・・。

春のセミ

月曜日, 5月 24th, 2004

12e5099c.jpg玄関前の丸太イスのフチに、セミの抜け殻を発見しました。
こんな日常的な場所で、よく脱皮(?)なんて作業が出来たもんだ。幼虫の時代を何処で過ごしたんでしょうか?小学校の理科の時間に習った話、成虫でいる時間よりずっと長いんでしょ?
また来年もおいでよ~。
今裏磐梯の森はハルゼミの泣き声が響いています。
こっちに来たばっかりのころ「え?カエル?」と思ったものでした。