カフェ

 

お菓子のこと

2015年3月まで裏磐梯「ヒロのお菓子屋さん」として営業していました。

仙台でも土地のものを活かしたお菓子作りが出来たらと思っています。

申し訳ありません、店内でのイートインのみとなります。

okasi

 

入り口スグにある盾と賞状は、裏磐梯時代に戴いたもの。

「ふくしま特産品コンクール」という、県の観光物産交流協会主催のコンクールで、スイーツだけでなく食品全般から、県知事賞・協会理事長賞等が選ばれます。もちろんコンクール受賞歴があるから良いお菓子屋である保障なんてありません。

当店のパティシエは、仙台生まれの仙台育ち。お菓子一筋ウン十年。もちろん仙台仕込み。どこで修行を積んだかは、実際にお店でお尋ねください。

DSC_1291

DSC_1292

 

手網焙煎珈琲

koya

当店の珈琲は、専用焙煎小屋での直火ハンドローストを採用しています。

ハンドローストの良さは珈琲豆の焙煎されていく過程、色・香り・音、全てを感じれること。特に最後の焙煎度合いを決める瞬間は、ほんの数秒の違いでかなり変わってきます。火力と時間の微妙な調整はハンドローストならではの強み。当店の様な小規模店では少量焙煎が可能なこの方法が最適と判断しました。

mame

珈琲豆は生鮮食料品と言われています。

街に出回る珈琲よりも自分で焙煎した方が絶対美味しいです。当店では、珈琲焙煎解放運動を実施中。こんなに楽しいことを一部のプロの方々に任せておかず、皆で気軽に取り組みましょう。大げさな焙煎機なんていらないです。ホームセンターに売ってるザルで充分。ご相談にのりますよ^^

当店スタッフはコーヒー業界での輝かしい経歴はありません。
ただ、美味しい珈琲とはなんだ!?と楽しみながら悩みながら取り組んでいます。珈琲に絶対はありません。ただ、人それぞれに好みがあり、やり方があり、スタイルがあります。それを作っていくのが珈琲の唯一正しい楽しみ方と思っています。

日本人誰もがお米を炊くように、誰もが珈琲豆を焼く。もしそうなったら、嘘やごまかしの無い世界がまたひとつ増えますよ。もしかしたら赤道近くの治安の悪い国が幸せになるかもしれません。

bai

風手土カフェでは、少ないロットで珈琲生豆を仕入れ、使う分だけ少量焙煎します。
注文後にやや荒挽きし、粉の量は多め、抽出はネルドリップ、サーバーのままご提供。大きいマグカップで、熱々から冷めるまで、その時の香りと味をお楽しみ下さい。

焙煎した珈琲豆を使うのは3日まで。それ以降は使いません。