風手土農園

素人がまったくの独学で始めた風手土農園。5年目にしてようやくやりたい事が見えてきました。

はじめの頃は、無肥料無農薬で!なんていきがってましたが、肥料分ってのは植物にしたら必要な食料な訳です。緑肥とコンポストだけでは足りない。足りない分をどうするか。

農園には山羊と鶏がいます。成り行きで飼いはじめた動物たちも成り行きで数が増え始め、畜舎も鶏舎も拡大。鶏舎の跡地の土の肥よくさといったら、そりゃもう大変なものです。うちの動物たちを見た年配の方々は「昔飼ってたよ」と皆さんおっしゃいます。実際飼ってみると有益なことばかり。特に鶏と畑は相性最高。どうして誰も飼わなくなったのかは分からないですが。

決めました。

「養鶏と畑と半々農園」養鶏専門でもなく畑だけでもなく両方をバランスよく中途半端に。それとカフェ。将来的には卵と野菜の直売所も出来るといいな。

鶏卵について

飼育環境

40平米の遊び場付き鶏舎は広さ3坪。30羽のゴトウモミジが入っています。

チキントラクター仕様の鶏舎で広さ2坪。ゴトウサクラが20羽。

飼料

近隣のビール工場で生産されるモルトレージと圧ぺんとうもろこしを中心に、カフェから出る野菜クズ、肉類、魚介、穀類。それに畑の雑草や虫たち。敷地内からいわゆる生ゴミは一切出ない状況です。

買えるところ

9月頃より当店カウンターで販売予定です。もうしばらくお待ちください。

2 Responses to “風手土農園”

  1. JIMMY28 より:

    パーフェクトなリサイクル(^^♪
    っていうか拡大永久再生産ですね(^_-)-☆

    • 風手土 より:

      紙ゴミが燃やせて、プラごみも無くなれば言うことなしなんですが、なかなか。

Leave a Reply