風手土農園

素人がまったくの独学で始めた風手土農園。5年目にしてようやくやりたい事が見えてきました。

はじめの頃は、無肥料無農薬で!なんていきがってましたが、農薬は論外としても肥料分ってのは植物にしたら必要な食料な訳です。緑肥とコンポストだけでは足りない。足りない分をどうするか。

農園には山羊と鶏がいます。成り行きで飼いはじめた動物たちも成り行きで数が増え始め、畜舎も鶏舎も拡大。鶏舎の跡地の土の肥よくさといったら、そりゃもう大変なものです。うちの動物たちを見た年配の方々は「昔飼ってたよ」と皆さんおっしゃいます。実際飼ってみると有益なことばかり。特に鶏と畑は相性最高。どうして誰も飼わなくなったのかは分からないですが。

決めました。

「養鶏と畑と半々農園」養鶏専門でもなく畑だけでもなく両方をバランスよく中途半端に。それとカフェ。将来的には卵と野菜の直売所も出来るといいな。

鶏卵について

飼育環境

40平米の遊び場付き鶏舎は広さ3坪。
30羽のゴトウモミジが入っています。

チキントラクター仕様の鶏舎で広さ2坪。
ゴトウサクラが20羽。桜色の卵を産みます。

飼料

近隣のビール工場で生産されるモルトレージと圧ぺんとうもろこしを中心に、カフェから出る野菜クズ、肉類、魚介、穀類。それに畑の雑草や虫たち。敷地内からいわゆる生ゴミは一切出ない状況です。

買えるところ

風と手と土カウンターで販売中ヽ(´▽`)/

平飼い鶏卵「もみじ」「さくら」の二種類です。
さくらの飼料は、動物性のものは一切抜いてます。地中の生き物は仕方ないですが、主食は野菜くずとビール粕とトウモロコシと大豆粕。これはケーキ用で、微妙な生臭さを嫌ってです
もみじは、鶏ガラに海老の頭、ニンニクもネギも何でもありのこってり栄養満点卵。これは料理用にどうぞ。

 

2 Responses to “風手土農園”

  1. JIMMY28 より:

    パーフェクトなリサイクル(^^♪
    っていうか拡大永久再生産ですね(^_-)-☆

    • 風手土 より:

      紙ゴミが燃やせて、プラごみも無くなれば言うことなしなんですが、なかなか。

Leave a Reply